浪速電軌型_

詳細な形式名称、また形式名称があったかどうかも不明。
1909(明治42)年に浪速電車軌道から南海鉄道に引き継がれた20両および、同形種で後に製造された30両について触れる。

形式史

従前 20両が竣工
1910(明治43)年 大阪市との共用契約により軌道用電動車30両が竣工
1911(明治44)年 共用契約解除に伴い、前年製造の30両を大阪市電気局に譲渡。同局11形291~320号となる
1915(大正4)年 兵庫電気軌道に10両を譲渡
1920(大正9)年 2両を撒水車に改造
1921(大正10)年 残る8両を広島瓦斯電軌に譲渡。同社100形101~108号となる


車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
8,314mm 2,350mm 3,251mm 42人 8.8t ブリル21E
<南海時代の資料が不明のため、大阪市電気局譲渡後の情報を記す>

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機
AEG製(詳細不明)(20PS)×2        
<南海時代の資料が不明のため、大阪市電気局譲渡後の情報を記す>

車両一覧

※号車は廃車時基準
号車 製造年 製造会社 備考



  • 最終更新:2018-04-28 14:49:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード