浪速電軌型

詳細な形式名称、また形式名称があったかどうかも不明。
1909(明治42)年に浪速電車軌道から南海鉄道に引き継がれた20両および、同形種で後に製造された30両について触れる。

形式史

従前 20両が竣工
1910(明治43)年 大阪市との共用契約により軌道用電動車30両が竣工
1911(明治44)年 共用契約解除に伴い、前年製造の30両を大阪市電気局に譲渡。同局11形291~320号となる
1915(大正4)年 兵庫電気軌道に10両を譲渡
1920(大正9)年 2両を撒水車に改造
1921(大正10)年 残る8両を広島瓦斯電軌に譲渡。同社100形101~108号となる


車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
8,314mm 2,350mm 3,251mm 42人 8.8t ブリル21E
<南海時代の資料が不明のため、大阪市電気局譲渡後の情報を記す>

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機
AEG製(詳細不明)(20PS)×2        
<南海時代の資料が不明のため、大阪市電気局譲渡後の情報を記す>

車両一覧

※号車は廃車時基準
号車 製造年 製造会社 備考


譲渡後の動向

大阪市電気局11形(291形)

1911(明治44)年 30両が転入。11形(291形)291~320号となる
1926(大正15)年 3両(302,305,309)を阪神急行電鉄に譲渡。同社151形152~154号となる
1927(昭和2)年 3両(292,307,312)を鹿児島電気軌道に譲渡。同社50形となる
2両(297,308)を広島瓦斯電軌に譲渡。同社100形129,130号となる
2両(296,318)を阪堺電鉄に譲渡。
1928(昭和3)年 5両(291,300,304,314,315)が廃車。
1929(昭和4)年 3両(294,298,316)を九州水力電気に譲渡。
1930(昭和5)年 残る12両が改番される

阪神急行電鉄151形~長崎電気軌道130形~同40形

1926(大正15)年 大阪市電気局から3両(302,305,309)を阪神急行電鉄に譲渡。同社151形152~154号となり北野線で運用
1933(昭和8)年 34形が転入し、休車となる
1939(昭和14)年 3両ともに長崎電気軌道に譲渡。同社130形132~134号となる
1945(昭和20)年 1両(132号)が原爆により焼失
1951(昭和26)年 1両(133号)の車体を更新
1953(昭和28)年 1両(134号)の車体を西日本鉄道の中古車体に更新
1959(昭和34)年 134号は廃車となり渡米。ケネベンクポート市電車博物館に保存
1962(昭和37)年 133号が廃車。車体などは同社40形43号へ流用
1967(昭和42)年 43号が廃車

鹿児島電気軌道50形

九州水力電気

広島瓦斯電軌・広島電鉄100形~同400形

100形には以下4種類の出自がある。
  • 南海鉄道から譲渡された8両
  • 梅鉢鉄工所内の中古車を購入した2両
  • 大阪市から譲渡された18両(電気局11形)
  • 南海鉄道から大阪市を経て譲渡された2両(電気局291形)

下記は、南海鉄道から直接渡ったものと、電気局291形を経たものについてのみ。
1921(大正10)年 8両(101~108)を南海鉄道から譲受
1927(昭和2)年 2両(129,130)を大阪市電気局から譲受
1938(昭和13)年 1両(101)が千田車庫火災により被災
1939(昭和14)年 1両(101)を鋼体化。400形402号となる
1940(昭和15)年 7両(102,103,104,105,107,108,130)を鋼体化。400形407,415,409,411,416,414,412号となる
1941(昭和16)年 1両(129)を鋼体化。400形418号となる
1942(昭和17)年 1両(106)を鋼体化。400形429号となる
1945(昭和20)年 全車両が原爆被災。2両(411,414)は同年中復旧
1946(昭和21)年 6両(402,407,409,415,416,418)を復旧
1948(昭和23)年 2両(412,429)を復旧
1956(昭和31)年 1両(429)が廃車
1965(昭和40)年 2両(402,412)が廃車
1967(昭和43)年 6両(407,409,411,414,415,418)が廃車
1968(昭和44)年 1両(416)が廃車


兵庫電気軌道


  • 最終更新:2016-01-06 20:57:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード