モ351形

形式史

1962(昭和37)年 2両(351,352)が竣工
1963(昭和38)年 3両(353~355)が竣工
1976(昭和51)年 ワンマン化改造
1982(昭和57)年 暖房化改造
1986(昭和61)年 2両(351,352)を冷房化改造
1987(昭和62)年 3両(353~355)を冷房化改造
2001(平成13)年 主電動機を取替
2013(平成25)年 2両(353,355)の行先表示器をLED式に換装、IC対応機器設置
2014(平成26)年 3両(351,352,354)の行先表示器をLED式に換装、IC対応機器設置

車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
13,310mm 2,436mm 3,650mm 351,352:90人[38人]
353-355:90人[36人]
17.4t 351,352:KS-69
353-355:TB-58

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機 冷房装置
芝浦SE-104-B 30kW×4 PT52 東芝PM-2A-2 三菱SM-3 DH-16 3kW 三菱CU77N
主電動機はモ101形からの流用品GE-247-I 30kW×4を使用していたが、2001年にモ301形から流用した同等品に取替。

現役車両一覧

号車 製造年 製造会社 塗装 ワンマン表記 備考
351号 1962(昭和37)年 帝國車輛工業 米田屋質店 緑地白字  
352号 1962(昭和37)年 帝國車輛工業 ヘリオス大阪 緑地白字  
353号 1963(昭和38)年 帝國車輛工業 住友不動産 緑地白字  
354号 1963(昭和38)年 帝國車輛工業 キーフェル 緑地白字  
355号 1963(昭和38)年 帝國車輛工業 岡崎屋質店 緑地白字  

  • 最終更新:2017-01-03 23:10:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード