モ161形

形式史

1928(昭和3)年 電5形として10両(161~170)が竣工 10両
1930(昭和5)年 車両呼称変更により電5形からモ161形に変更 13両
3両(171~173)が竣工
1931(昭和6)年 3両(174~176)が竣工 16両
戦後 戦災による車番整理。
3両(164,173,176)がモ301形(303,301,304)へ
モ151形2両(155,160)が編入(174,175)
モ161形3両(170,174,175)が車番変更(164,170,173)
15両
1949(昭和24)年 Y字ビューゲルへ交換
1949(昭和24)年以降 ヘッドライトを移設
1952(昭和27)年以降 尾灯の増設
1962(昭和37)年以降 パンタグラフへ交換
1963(昭和38)年以降 連結器撤去
1975(昭和50)年 5両(161-163,167,169)をワンマン化改造
1976(昭和51)年 10両(164-166,168,170-175)をワンマン化改造
1984(昭和59)年 暖房化改造
2000(平成8)年 2両(169,173)が廃車 13両
2001(平成9)年 1両(174)が廃車 12両
2002(平成10)年 1両(171)が廃車 11両
2003(平成11)年 1両(175)が廃車 10両
2013(平成25)年 1両(167)が廃車 9両
2014(平成26)年 2両(163,172)が廃車 7両
2016(平成28)年 1両(168)が廃車 6両

車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
13,716mm 2,513mm 3,732mm 90人[28人] 18.6t KS-45L

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機
SE104-B 30kw×4 PT52L-1 161-166,168:GE-M
170,172:東芝RMK
三菱SM-3 DH-16 3kW
集電装置はかつてS-710C


現役車両一覧

号車 製造年 製造会社 塗装 ワンマン表記 備考
161号 1928(昭和3)年 川崎車輛 昭和40年代復刻 黄地黒字  
162号 1928(昭和3)年 川崎車輛 緑色 白地黒字  
164号 1928(昭和3)年 川崎車輛 登場時復刻 白地黒字 旧170号
165号 1928(昭和3)年 川崎車輛 昭和40年代復刻(金太郎塗り) 黄地黒字 運用離脱中
166号 1928(昭和3)年 川崎車輛 登場時復刻 白地黒字  
170号 1931(昭和6)年 大阪鉄工所 鉄道喫茶あびこ道 白地黒字 旧174号
運用離脱中


退役車両一覧

※号車は廃車時基準
号車 製造年 製造会社 備考
163号 1928(昭和3)年 川崎車輛 2013年末ごろより運用離脱。2014年2月10日付で廃車。
167号 1928(昭和3)年 川崎車輛 2010年秋に運用離脱。休車となっていたが2013年8月25日付で廃車
168号 1928(昭和3)年 川崎車輛 2016年廃車。2016年5月14日未明に搬出。貝塚市内にて保存
169号 1928(昭和3)年 川崎車輛 2000年廃車
171号 1931(昭和6)年 田中車輛 2002年2月廃車。近畿車輛にて保存
172号 1930(昭和5)年 田中車輛 2013年末ごろより運用離脱。2014年10月3日付で廃車。めぐむ保育園(東住吉区)にて保存
173号 1931(昭和6)年 大阪鉄工所 旧175号。2000年廃車。
174号 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧155号。2001年2月廃車。堺市にて店舗利用のち不明
175号 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧160号。2003年6月廃車。丸亀市にて店舗利用
モ301形となったもの
301号 1930(昭和5)年 田中車輛 旧173号
303号 1931(昭和6)年 川崎車輛 旧164号
304号 1931(昭和6)年 大阪鉄工所 旧176号

  • 最終更新:2017-01-09 18:50:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード