モ151形

形式史

1927(昭和2)年 電4形として10両(151~160)が竣工
1930(昭和5)年 車両呼称変更により電4形からモ151形に変更
戦後 被災した1両(158)の車体を新造し、制御器を取替モ301形302号に改番
3両(152,153,156)は制御器を取替モ301形(307,306,305)へ改番
2両(157,159を152,153)を改番、2両(155,160)の制御器を取替モ161形(174,175)へ改番
1960(昭和35)年 制御器をモ301形と同じものに取替
1979(昭和54)年 ワンマン化改造
1987(昭和62)年 1両(151)が廃車。サンフランシスコ市営鉄道へ譲渡
1988(昭和63)年 2両(152,154)が廃車
1989(平成元)年 1両(153)が廃車となり、形式消滅


車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
13,716mm 2,438mm 3,730mm 90人[28人]   住友62C-24-B-2

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機
SE-104-B 37kW(40PS)×4 S-710C 東芝PM-2A-2総括式 WHSME DH-16 3kW
制御装置は前述の取替後のもの

車両一覧

※号車は廃車時基準
号車 製造年 製造会社 備考
151 1927(昭和2)年 川崎造船所 1987年7月廃車。サンフランシスコ市営鉄道へ譲渡
152 1927(昭和2)年 川崎造船所 1988年7月廃車。上新電器郡山店へ譲渡、のち解体
153 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧157号。1989年1月廃車。個人へ譲渡
154 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧159号。1988年7月廃車
モ161形となったもの
174 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧155号
175 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧160号
モ301形となったもの
302 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧158号(戦災復旧による改番)
305 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧156号
306 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧153号
307 1927(昭和2)年 川崎造船所 旧152号


譲渡後の動向

サンフランシスコ市営交通局(SFMTA)151号車

世界各地の路面電車を保存する取り組みをおこなっており、Fラインで運用される。
2012年現在、運用から外れ、補修費用を調達中とある。

  • 最終更新:2012-07-21 17:35:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード