モ101形

形式史

1924(大正13)年 電3形として20両(101~120)が竣工
1930(昭和5)年 車両呼称変更により電3形からモ101形に変更
戦後 被災した3両(106,110,120)を廃車、2両(119,118)を106,110に改番
Y字形ビューゲルに換装
1960(昭和35)年 4両(111,112,114,115)が廃車
1962(昭和37)年 3両(103,107,116)が廃車。一部機器類はモ351形に流用
1964(昭和39)年 3両(104,106,110)が廃車
1966(昭和41)年 2両(101,102)が廃車
1967(昭和42)年 4両(105,108,109,113)が廃車
117号のさよなら運転(4月23日)を以て全車営業離脱、8月廃車となり、形式消滅


車両諸元

車体類

車両長 車両巾 車両高 定員[座席] 自重 台車
14,286mm 2,438mm 3,563mm     ブリル77-E-1

機器類

主電動機 集電装置 制御装置 空気制動機 空気圧縮機
GE-247-I 37kw(40PS)×4   WH403-D直接式 SM-3  
制御装置は鉄道線電1形からの流用品である

車両一覧

※号車は廃車時基準
号車 製造年 製造会社 備考
101号 1924(大正13)年   1966年12月廃車
102号 1924(大正13)年   1966年12月廃車
103号 1924(大正13)年   1962年9月廃車
104号 1924(大正13)年   1964年9月廃車
105号 1924(大正13)年   1967年3月廃車
106号 1924(大正13)年   戦災による廃車
106号[2] 1924(大正13)年   1964年9月廃車
107号 1924(大正13)年   1962年9月廃車
108号 1924(大正13)年   1967年4月廃車
109号 1924(大正13)年   1967年3月廃車
110号 1924(大正13)年   戦災による廃車
110号[2] 1924(大正13)年   1964年9月廃車
111号 1924(大正13)年   1960年9月廃車
112号 1924(大正13)年   1960年9月廃車
113号 1924(大正13)年   1967年4月廃車
114号 1924(大正13)年   1960年9月廃車
115号 1924(大正13)年   1960年9月廃車
116号 1924(大正13)年   1962年9月廃車
117号 1924(大正13)年   1967年8月廃車
118号 1924(大正13)年   戦災により110号へ改番
119号 1924(大正13)年   戦災により106号へ改番
120号 1924(大正13)年   戦災による廃車

  • 最終更新:2012-07-21 17:35:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード